指導力次第で変わる

一時偏差値が低くても、これは十分に改善することができます。苦手科目があり、その苦手科目が偏差値を下げている要因であるのなら、苦手科目を克服することによって偏差値はどんどん上がります。このように中学受験の時の偏差値は上げることが可能であり、志望校選びにも影響してきます。

家庭教師を付けることによって、苦手科目をしっかり勉強することができて、偏差値アップに繋がります。家庭教師の場合は一人の子供のことをしっかり見ることができる為、より子供の事を把握することができます。子供の精神状況に関しても、家庭教師は把握しており、その時々で適している勉強法やストレス発散法を親御様に話すこともできます。

これも含めて指導力であり、中学受験の時には塾の先生や家庭教師の指導力が重要になります。子供は当然人それぞれ性格もやる気も異なります。その部分もしっかり把握しておくことによって、適している指導法を模索することができます。親御様ともしっかり気軽に話すことができる環境となっており、親御様からすれば安心する部分もあるでしょう。中学受験の時には指導力のある家庭教師を付けることによって、子供の学力は間違いなくアップしていきます。