子供がわがままに

中学受験の時に家庭教師を付けるという選択は当たり前になりつつあります。中学受験は決して簡単に合格できるものではなく、非常に難しいものです。まだ遊びたい盛りの小学生の子供が、中学受験に合格する為に勉強を続けていくのは並大抵のことではありません。だからこそ家庭教師を付けるという選択肢が生まれるものです。子供に合わせた勉強ができる上に、自発的な勉強についてもサポートしてくれる為、選択をする価値は十分にあります。

集団塾で勉強をしているとなると、どうしても他人のペースでの勉強となってしまいます。質問が中々できないという子供も少なくありません。子供が塾に合わせるのが集団塾なら、家庭教師は先生が子供に合わせてくれるスタイルです。分からない時にはいつでも質問ができる上に、弱点にしても家庭教師がしっかり見つけることができます。

ただ、注意をしないといけないのが、学習スタイルがわがままになってしまう可能性があることです。自分に合わせての勉強が当たり前となってしまうと、将来の為にはなりません。家庭教師は確かに便利ではあるものの、子供が甘えてしまう可能性もあることを意識しないといけません。こういった点からも家庭教師には指導力が必要なのです。