併用を視野に入れる

塾にしようか家庭教師にしようか迷っているご家庭は非常に多いでしょう。中学受験という大きな壁を突破する為には、独学の勉強だけでは不十分であり、塾か家庭教師を選択するのが当たり前となりつつあります。どちらを選択しても間違いではありません。子供の性格や学力をしっかり考慮した上で選択をすれば大丈夫です。

まだ小学生の子供が必ずしも自発的に勉強をすると考えるのは甘いです。だからこそ、塾や家庭教師を付けて勉強をすることが大事になってきます。これは自発的な勉強にも繋がっており、どういったことを勉強すれば良いのか子供は分かってきます。今日勉強したことの復習や、明日勉強する予習などをしっかり行う大きなきっかけになっていくでしょう。これが塾や家庭教師を付ける大きなメリットになります。

ただ、どちらが適正か中々判断するのは難しいことです。そのため、選択肢に入れておくべきことは、塾と家庭教師を併用することです。経済的な負担は大きくなってしまうものの、学力アップに大きく繋がるのは間違いありません。子供の気持ちも考慮して選択をしてあげることによって、よりニーズにマッチしている選択ができるようになる為、併用を視野に入れておいた方が良いでしょう。